生活・自然

田舎めんどくさい:自治会

自治会
五條市の画像を引用させていただきました。

田舎でめんどくさいと言えば、地元自治会・町内会・組合の付き合いでしょうか。
現に私もそれが少し心配でした。ただ、基本的に別荘利用なので、地元自治会との深い付き合いは必要なさそうです。

本日、地元の組合長と挨拶することが出来ました。

元々、別荘使いですし不動産屋からも特に付き合いをする必要はないと言われていたので、積極的挨拶をすることは考えていませんでした。ところが、ゴミ出しの件で役場に問い合わせたら、「ゴミ出しは地元の自治会長に話を通しておいてください。」と言われ、渋々挨拶をすることに。

そこにタイミングよく荷物の宅配でクロネコヤマトの配達員の方が配達に来、いろいろ聞いてみることができました。すると配達員の方も同じ地区にお住まいのようで、自治会長に挨拶したい旨を伝えたら、さすがに田舎は話が早い!その場でお電話をしていただき、連絡先をいただくことができました。

田舎は自治会だけかと思っていたら、実は「自治会」の下に「組合」というのがあるようで自治会よりさらに狭い地区で集まるようでした。結局、ゴミ出しだの自治会費だのは組合長が担当するそうで、どうやら私にとっては、自治会長より「組合長」が重要人物になるようでした。

そして話はすぐさま伝わり、クロネコヤマトの配達から10分で組合長が私の家へとやってきました。これには本当にびっくり!?何もかも伝わるのが早い!

幸いにもここは皆さん優しい方ばかりで、特にややこしいこともなく、無事挨拶を終わらせることができました。

ここの自治会費は、別荘利用で5000円/年。定住で10000円/年。不動産屋さんからは払わなくても良いと言われていましたが、半ば強制的に誘導されるため、断るのはほぼ不可能でした。一応ゴミ捨て場や道路等整理していただいているものを私も使わせていただくので、今思えば支払うべきお金かなと思いました。

まとめ

・ゴミ出しは自治会の許可が必要なので、自治会への挨拶は必要
・自治会よりも狭い範囲の組合があり、組合のほうが重要かも
・別荘利用でも自治会費5000円は必要

[追記]
移住して2ヶ月経ちましたが、周りの方は優しい方ばかりで、野菜を始め果物、お土産等いろいろいただき、畑のお手伝いまでしていただきました。せっかく移住するのであれば、頑張って周りと仲良くしたほうが絶対楽しいですね!

-生活・自然
-,

© 2020 30代都会育ち夫婦の田舎暮らし奮闘記 Powered by AFFINGER5