物件探しから購入まで

田舎物件探し・土地探し、私たちの設定条件

自分
物件探し・土地探しではまず条件を決めることが大事ですよね。私たちが田舎物件探しで考えた条件は下記になります。

田舎物件探し私たちの設定条件

  • 自宅から車で約1時間以内
    ⇒車で1時間半以上かかる場所だと遠すぎて、運転が疲れるし、頻繁に通うのが辛くなると思いました。
  • 避暑地
    ⇒温暖化が進む中、夏はますます暑くなると思います。また仕事上、夏に比較的休暇が取りやすいので、夏暑くて過ごせない場所であれば、意味がないと考えました。
  • 隣地との距離/プライベート感
    ⇒我々にとって、ここはかなり重視するポイントでした。例えどんな田舎でも住宅地の中では、隣地との距離が近くプライベート感はありません。せっかく田舎に住むのであれば、THE・田舎のような場所にしたいと考えておりました。だからといってポツンと一軒家ですと、万が一何かがあると不安なので、程よい距離を考えておりました。

スポンサーリンク

  • 家庭菜園できる土地
    ⇒憧れの田舎暮らしをするのであれば、やはり家庭菜園や畑がしたいものです。関西ですと京都府南丹市るり渓、滋賀県高島市今津町、兵庫県宍粟市一宮町などの別荘分譲地も考えましたが、家庭菜園や畑をするには小さく、我々が考える田舎暮らしではなく、別荘で優雅に暮らす方になってしまう感じがして、やめました。別荘分譲地については、別記事で書きたいと思います。
  • 修繕ほぼ不要で即入居でき、比較的小さな物件
    ⇒最初は土地のみや大きな古民家等も見てきましたが、最終的にこの条件に落ち着きました。定年退職後で時間が十分にあり、古民家を自分でDIY・修繕できる気力がある方は良いのですが、(おそらくテレビ等で紹介されているのはそういう方が多い。) 我々は仕事がありますし、子供もまだ小さく、また週末通いを基本に考えていたので、とても1年以上かけて修繕するなどは厳しいという結論に至りました。テレビ等の影響で安く物件を買って、自分で修繕することを考えている方が多いかもしれませんが、まずは自分の状況・かけられる時間・気力などを分析した上で決められるのが良いと思います。
    ⇒なぜ小さな物件なのかについては、大きな古民家ですと掃除が本当に大変だと思います。ましてや週末通いとなると普段溜まったホコリなどを掃除することから始まります。せっかく週末のんびりしにきたのに、掃除のため通うことになりかねません。
  • 予算500万円
    ⇒土地建物修繕費合わせて予算500万円が当初の予算でした。しかし、物件を見ていくうちに500万円ではほとんど
    ・修繕が必要
    ・家庭菜園スペースがない
    ・隣地との程よいスペースを確保できない
    物件ばかりで、最終的には予算をかなりオーバーして購入に至りました。

実際どれくらい条件に当てはまったか

◎自宅から車で1時間15分(高速利用)
◎標高400mで大阪より4℃低く避暑地である
◎隣地との程よい距離感
◎120坪ある畑
◎建物面積66平米2LDKのログハウス (比較的小さく管理しやすい)
△キッチンリフォーム、網戸設置などの修繕
△費用約950万円

⇒結果、自分としてはほぼ100点に近い条件に合う物件を見つけられたと思います。ただ予算を大きくオーバーしてしまいました。しかしこれは投資として考えることにすれば悪くないと思います。将来どうなるかわかりませんが、私達が綺麗な状態を保っていけば、大阪から1時間少しという便利さとコロナ等でリモートワークが普通になりつつある世の中で、今後この物件を手放すことになったとしてもある程度の値段で売れるのではないかと考えております。

-物件探しから購入まで
-, , , , , , ,

© 2020 30代都会育ち夫婦の田舎暮らし奮闘記 Powered by AFFINGER5