物件探しから購入まで

田舎物件・土地探し 土地のみが良い?古家付が良い?

  • 古家付はすでに水道、ガス、電気が通っている場合が多いので、工事費が節約できる
  • 土地のみは水道、ガス、電気の工事費がかかるため、結局全体で見ると高くなる可能性がある

田舎物件探しをする際、私はなるべく予算を抑えようと300万円未満の土地を探していた。古家付だとどうしても300万円を超える土地が多いからである。

土地のみの場合

土地のみの価格が安いので、ついつい食い付いてしまいますが、実際に細かく不動産屋に聞いていくと、土地のみだと水道、ガス、電気が全く通っていないところがほとんどである。

例えば、ここ。奈良県桜井市の土地。景色が良く桜井駅まで車で10分と近く非常にアクセスが良い場所。土地のみで300万円未満で購入できたが、、、
土地
水道の設置で約50万円、浄化槽(下水道)の設置で約100万円と水道だけで+150万円である。田舎では下水道ではなく、浄化槽なるもので汚水を処理するのである。(浄化槽の設置は半額ほど補助が出る自治体も多いので、調べておくと良い。) したがい、土地のみを検討される場合は、土地代+100~150万円の工事費を見込んでおく必要があるだろう。

重要:上下水道、電気ガス等のインフラが来ているかどうか確認すること

古家付土地の場合

古家付土地は価格が高く見えてしまうが、家があるということは、上下水道、電気ガス等のインフラがあるということ。
ここは土地が広大のため、約1000万円だが、インフラは付いている。これだけ家屋が古かったら解体となるが、インフラはそのまま使えるのである。したがって、物件や土地を比べる際には、インフラ工事費約150万円を加味して比較したほうが良い。
古家付土地
古家付土地でも注意点はあり、それは「汲み取り式」のトイレ、これはいわゆるボットン便所でして、臭いが相当気になるので、おすすめしない。もし古家付土地でも汲み取り式であれば、結局浄化槽を入れる必要があるので、ここは必ずチェックしておきたいところ。

重要:汚水処理が下水道・浄化槽・汲み取り式のどれなのか確認すること

以上、田舎物件探しではインフラの確認は必ずするべきことであろう。
わかりやすく解説した記事があったので、ご参照ください。

-物件探しから購入まで
-, ,

© 2020 30代都会育ち夫婦の田舎暮らし奮闘記 Powered by AFFINGER5